一般社団法人埼玉県食品衛生検査センター

プール水質検査

トップ > 試験項目・料金 > 水質・環境検査 > プール水質検査

プール

pool10.jpg

プールは水量、面積が限られたところに、多数の遊泳者が利用する施設であるため、プール水の水質維持管理が悪いと各種の疾病の媒介所となる恐れがあります。プールの水は河川などとは違い、自浄作用が期待できない点からもプール水の衛生管理は重要です。 
なお、細菌類の増殖を抑制する目的で、消毒剤として塩素を用いることから、副生成物(総トリハロメタン)の検査も対象となります。

学校プール

項目名 基準値 検査頻度
遊離残留塩素 0.4㎎/L以上であること、また
1.0㎎/L以下であることが望ましい 。
使用日の積算が30日以内ごとに1回 
水素イオン濃度 5.8以上8.6以下であること。
大腸菌 検出されないこと。
一般細菌数 1ml中に200コトニー以下であること。
有機物 過マンガン酸カリウム消費量として12
㎎/L以下であること。
濁度 2度以下であること。
総トリハロメタン 0.2㎎/L以下であることが望ましい。 使用期間中適切な時期に1回以上。
循環ろ過装置の処理水 循環ろ過装置の出口における濁度は
0.5度以下であること、また、0.1度
以下であることが望ましい。
毎学年1回定期
※ 毎授業日の点検
    水中に危険物や異常なものがないこと
    遊離残留塩素は、プールの使用前及び使用中に1時間ごとに1回以上測定
    pH値は、プールの使用前に1回測定し、pH値が基準値程度に保たれていることを確認
    透明度に常に留意し、プール水は、水中で 3m 離れた位置からプールの壁面が明確に見える程度に保たれてい 
      ること。
※ 使用日数の積算が30日を超える場合はさらに1回以上行う。 
saisui.jpgtoriharo.jpg
項目名 税込価格 検査方法備考
プール水セット ¥3,240 厚生労働省・文部科学省基準に準ずる。
【検査綱目】
 有機物(過マンガン酸カリウム消費量)、pH値、濁度、残留塩素、一般細菌数、大腸菌
総トリハロメタン  ¥6,300 ガスクロマトグラフ法 

遊泳プール

項目名 基準値 検査頻度
遊離残留塩素 0.4㎎/L以上であること、また
1.0㎎/L以下であることが望ましい 。
毎日午前中1回以上。
午後2回以上。
(このうち1回は、遊泳者数のピーク時に測定することが望ましい。)
(二酸化塩素濃度) 0.1mg/L以上
0.4mg/L以下であること。
(亜塩素酸濃度) 1.2mg/L以下であること。
水素イオン濃度 5.8以上8.6以下であること。  毎月1回以上 毎月1回以上 。
濁度 2度以下であること。
大腸菌 検出されないこと。
一般細菌数  1ml中に200コトニー以下であること。
有機物 過マンガン酸カリウム消費量として12
㎎/L以下であること。
総トリハロメタン おおむね0.2㎎/L以下であることが望ましい。 毎年1回以上。
(通年営業、夏季営業のプールは6~9月、それ以外のプールは、水温が高めの時期にに行う。)
レジオネラ属菌(※) 検出されないこと 年1回以上
※ 気泡浴槽採暖槽等の設備、その他のエアロゾルを発生させやすい設備又は、水温が比較的高めの設備がる場合。
項目名 税込価格 検査方法備考
プール水セット ¥3,240 厚生労働省・文部科学省基準に準ずる。
【検査綱目】
 有機物(過マンガン酸カリウム消費量)、pH値、濁度、残留塩素、一般細菌数、大腸菌
総トリハロメタン  ¥6,300 ガスクロマトグラフ法 
レジオネラ属菌 ¥8,220 WYOα培地法 

- お電話でのお問合せはこちら -

phone_iphone

048-649-5331

- お気軽にお問合せください。 -

mail_outlineお問合せフォームへ