一般社団法人埼玉県食品衛生検査センター

腸内細菌検査

トップ > 試験項目・料金 > 腸内細菌検査

検便検査

腸内細菌 保菌検査

食中毒等の病原菌を保有していても下痢等の症状が出ない人を「健康保菌者」と言います。
食品に関する業務に従事する人がこれに気付かず調理等に携わることで、大きな食中毒事故になる可能性があります。
保菌検査をすることで健康保菌者であるかどうかがわかります。

●検査項目
【5項目検査】
腸チフス、パラチフス、赤痢菌、サルモネラ、腸管出血性大腸菌O157

【4項目検査】
腸チフス、パラチフス、赤痢菌、サルモネラ

【その他】
腸管出血性大腸菌O26、O111、腸炎ビブリオ、カンピロバクターなど

保菌検査(検便)を実施した施設には、図のような保菌検査済のシールを発行いたします。

保菌検査済のシールは、営業者皆様の積極的な衛生管理の証です。
店舗(施設)内に貼付し、お客様に安全・安心で信頼できるお店をアピールしましょう。

健診済み標識

検査受付の流れ

 検体をお持ち込みの場合     検体を郵送ご希望の場合
 👇    👇
 検査センターに一度お越しください    検査センターに一度お越しください
 👇    👇
 容器購入    郵送キット購入(検査料金込)
 👇     👇 
 便を採取後当センターへ持ち込み    便を採取後ポストへ投函
 👇     👇 
 受付(検査料金お支払い) 検査    到着後受付 検査
 👇     👇 
検査終了後 成績書郵送
  検査終了後 成績書郵送
     
     
各協会でも受付を行っております。
詳しくは最寄りの協会にお問合せください。

その他の方法もございます。詳しくはお問い合わせください。



ノロウイルス検査

ノロウイルスは感染力が強く、ごくわずかな量でも感染してしまいます。
調理従事者の衛生管理不足から、大規模な食中毒になる可能性があります。
日頃から衛生管理をしっかり行いましょう。

●検査方法
イムノクロマト法(抗原抗体法)
RT-PCR法(遺伝子検査法)

●採取方法
新鮮便をノロウイルス専用採便管(保存剤の入ってないもの)に約0.5g(小指頭大)採取してください。

●送付方法
保冷剤などで保冷し、当センターに持参してください。
郵送を利用する場合は、冷凍輸送でお願いいたします。

●保存方法
即日持参できない場合は、冷凍保存し持参してください。

検体は、新鮮な便を専用の採取管に採取してください。
検査成績は、3営業日以内に結果が出ます。
その他ご不明な点がありましたら、当センターまでお問合せください。


ピロリ菌検査

この検査により、糞便中からピロリ菌の抗原を見つけます。

●ピロリ菌(Helicobacter pylori)とは?
従来、胃酸があるので胃内には細菌は生息できないと言われてきました。
しかし、ピロリ菌は1983年にオーストラリアのロイヤル・パース病院のウォーレンとマーシャルという2人の医師が胃の中に細菌を発見し、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)と命名されました。
らせん状の形をした細菌で、胃の粘膜に生息しています。
胃酸の中でも生息でき、最近は胃がん発生の危険因子として重要視されています。
ピロリ菌に感染するようになると、ピロリ菌の一部が便の中にも存在するようになります。
便中ピロリ菌抗原測定は、便中のピロリ菌を検出する方法です。

便潜血検査

 この検査により、糞便中に含まれる微量の血液の有無を調べます。

この検査は、糞便中に含まれる微量の血液の有無を調べる検査(免疫学的潜血反応)で、大腸がんを診察する検査のひとつとして活用されています。
これまでの検証により、便潜血検査によるスクリーニングは、大腸癌の死亡リスクを、その後18~20年の観察において、15~33%有意に低下させる効果が確認されています。大腸癌による死亡リスクは、1年に1回の検診では32%、2年に1回の検診では22%、それぞれ有意に低下しました。このように、大腸癌検診として便潜血の検診は、長期に渡る大腸癌の死亡リスクの低下に結び付く、という点での効果は確立されています。
(The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE September 19,2013より)

検便検査のため、体に負担がかかりません。また、検査が安価に行えますので是非、ご活用下さい。

寄生虫検査

ぎょう虫卵検査

昭和33年(1958年)から、小学3年生以下の児童には寄生虫卵の有無の検査が義務付けられていましたが、衛生環境の改善に伴い、平成27年度限りで寄生虫卵の有無の検査は必須項目から削除されました。

従来、ほとんどの学校で寄生虫卵検査としてぎょう虫卵検査を実施していましたが、ぎょう虫は通常の衛生教育で十分に対応できるとされています。

しかし、寄生虫卵検査の検出率には地域性があり、今後も検査が必要な地域が認められることなどから、当センターでは平成28年度以降も引き続き寄生虫卵検査(ぎょう虫卵検査)を実施しています。

参考:文部科学省『学校保健安全法施行規則の一部改正等について(通知)』(平成26年4月30日 26文科ス第96号)

寄生虫卵検査

回虫卵、条虫卵などの寄生虫卵検査も実施しております。

- お電話でのお問合せはこちら -

phone_iphone

048-649-5331

- お気軽にお問合せください。 -

mail_outlineお問合せフォームへ