一般社団法人埼玉県食品衛生検査センター

企業方針

トップ > センター概要 > 企業方針

ごあいさつ

お客様のお役に立てる検査機関を目指して

kaicyo2.jpg

一般社団法人埼玉県食品衛生協会検査センターは、埼玉県ご当局のご指導により、昭和55年に設置されて以来35年余りの歴史を刻んでまいりました。
その間今日まで、一貫して食品営業従事者の保菌検査や、食品営業施設に係る各種食品検査、水質検査等を通じて食品営業者の自主衛生管理の一翼を担い、食品の安全確保に貢献してまいりました。
特に近年は、食品衛生の進展に伴う食品規格基準の改正や食品表示法の施行による栄養成分表示の義務化など、新しい時代の要請に応えるべく、人材の育成に努めるとともに高度検査機器の導入を図り、お客様に信頼される検査機関を目指して努力してまいりました。

これまでも、臨床検査技師法に基づく登録衛生研所及び食品衛生法に基づく登録検査機関として、検査精度の高い検査を行ってまいりましたが、さらに、平成29年1月には、医薬品、医療機器等法に基づく登録検査機関、同年6月には、公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)から栄養成分検査におけるISO17025の認定を受けました。
この度は、ホームページも一新し、より一層お客様のお役に立てる検査機関を目指して、職員一同努力してまいる所存でございます。
今後とも、末永くご支援承りますようお願い申し上げます。

                              一般社団法人埼玉県食品衛生協会会長 須賀文雄

企業理念 

行動方針

  1. 試験検査法の原理を理解し、常に試験検査の習熟に努め試験検査結果の品質を確保します。
  2. 常に最新の情報を収集し、お客さまからの要望に対し期待以上のサービスを提供いたします。
  3. 現状に甘えることなく、常に新し分野への挑戦をします。
  4. 職員ひとりひとりの個性を理解し、強みを伸ばすことで成果につなげ、自信を持って自走できるよう導いていきます。
  5. 経営基盤の強化を図り、豊かな人生の実現に努めます。

- お電話でのお問合せはこちら -

phone_iphone

048-649-5331

- お気軽にお問合せください。 -

mail_outlineお問合せフォームへ